Contents Menu

銀行系カードローンとは

銀行系カードローンとは、銀行を中心とした金融機関が提供しているカードローンのことをいいます。銀行カードローンと違うのは、銀行の傘下にある消費者金融も含まれるということです。明確な定義はないため、ひと口に銀行系カードローンといってもいろんな種類があります。たとえば、銀行系カードローンと消費者金融について比べている内容のサイトの場合、銀行系カードローンは銀行カードローンを指していることが多いといいます。しかし銀行カードローンと銀行系カードローンを比較しているサイトの場合は、銀行系カードローン=銀行傘下の消費者金融ということになります。

このようにとてもややこしい銀行系カードローンですが、もっとも重視したいのは『総量規制』です。一般的に、銀行カードローンには総量規制というものが設けられています。総量規制とは、借入総額が年収の1/3まで制限されるもの。そのため、どんなに借り入れをしたくても、年収1/3を超える金額は借りることができなくなってしまいます。しかし、銀行系カードローンの場合、この総量規制がありません。要するに借入総額が年収の1/3超でも借りられるというわけです。総量規制の影響を受けずに借りられるのは、カードローンを利用するうえでもっとも大きな特徴になるのではないでしょうか?

ただこの総量規制対象外には注意も必要です。すべての銀行系カードローンが総量規制対象外になるわけではありませんから、十分気をつけて申し込みをしましょう。

他にもいろんな特徴があります。まず、借り入れができる金額です。銀行系カードローンでは高額借入が可能なところも多く、個人向けは最大1,000万円までがほとんど。資金使途も自由なところが多いですから、住宅ローンや新車ローンに充てることもできますし、旅行や家電の購入費用として利用することもできます。最近では、少額でも即日融資ができる銀行系カードローンも増えていますから、非常に借りやすくさまざまなことに役立てることができます。また、銀行系カードローンは優遇サービスも充実しています。たとえば、同じ金融機関でカードローン以外のローンを利用したとしましょう。そうすると、金利が引下げになるというメリットがあります。賢く利用することで、利便性がグンとアップするのが銀行系カードローンです。

もちろん、利便性だけにとらわれて利用してしまうと、大きな失敗に繋がります。利用する際は必ず計画を立て、事前に返済シミュレーションで毎月の返済額を知って把握しておくと安心です。