Contents Menu

銀行系カードのメリット

銀行系カードローンには、さまざまなメリットがあります。一体どんなメリットがあるのでしょうか?

銀行系カードローンの最大のメリットといえば、なんといっても総量規制がないということでしょう。総量規制とは、個人の借り入れで過度の貸付けを行わせないようにするための制限法です。2010年6月18日に改正貸金業法で導入され、現在年収1/3を超える借り入れはできなくなっています。この総量規制が、銀行系カードローンの場合対象外になります。これは、大きなメリットではないでしょうか。要するに、借入総額が年収1/3を超えても、希望の金額を借り入れしやすくなるというわけです。

次に、金利の低さです。低金利といっても極端に低くなるわけではありませんが、消費者金融に比べると金利は安くなります。なぜ金利が安くなるのかというと、その分利用者の制限が厳しくなっているからです。一般的に『安定継続した収入がある』ことが条件になるため、パートやアルバイト、専業主婦の利用は難しくなります。利用条件に記載されていない場合、まず無理と考えておきましょう。このような制限が、『低金利を実現している』というわけです。もちろん、銀行系カードローンといってもさまざまです。消費者金融の銀行系カードローンであれば、パートやアルバイト、専業主婦でも利用可能としている場合があります。それでも、一般的な消費者金融と比較すると全体的に金利は低く設定されていることが多いでしょう。

そして、利用限度額が高いことです。銀行系カードローンの場合、個人向けは最大1,000万円まで借り入れが可能といわれています。大口融資を希望している方には有り難いでしょう。ただし、はじめての利用でいきなり高額の借り入れはできません。もちろん銀行系カードローンによって利用できる金額は違いますので、最大どれだけの金額が借りられるのか申し込む前にチェックしておきましょう。

他にも、300万円までの借り入れの場合、収入証明書が不要というのもメリットになります。収入証明書が必要になる場合、どうしても審査に通りにくくなるというデメリットがありますが、収入証明書が不要ということは審査にも通りやすくなりますし、すんなり借り入れができるようになります。また銀行系ということもあり、消費者金融に比べると安心して借り入れができます。

以上が銀行系カードローンの主なメリットになります。ただし先にも述べたようにデメリットもありますので、しっかり計画を立てて無理のない範囲で利用しましょう。