Contents Menu

審査が通りやすいってホント?

銀行系カードローンが審査に通りやすいというのは本当なのでしょうか?結論からいいますと、銀行系カードローンの審査基準は基本的に厳しく、『審査に通りにくい』といわれています。しかし近年はさまざまなサービスが導入され、以前よりも審査基準が低くなり、通りやすくなっているのも事実です。そのため、金融機関によって審査に通りやすい銀行系カードローンも存在します。

なぜ、銀行系カードローンは審査に通りにくいといわれているのでしょうか?その理由は『審査基準』にあります。審査基準は銀行系カードローンによって多少違いはありますが、もっとも審査で影響しやすいのは『収入』や『他社借り入れの数』などです。もちろん信用情報に問題がある方も審査に大きく影響します。しかしこれらは他の金融機関でもマイナスになる点です。銀行系カードローンは『銀行傘下の金融機関が提供しているカードローン』ですから、どうしても消費者金融に比べると審査は厳しくなってしまいます。『最近は通りやすくなっている』とはいえ、まだまだ審査は厳しいので申し込みの前にしっかり確認しておきましょう。

ちなみに、審査が通りやすくなっている銀行系カードローンは、『即日融資ができる』『ネット申し込みを積極的に取り入れている』など、さまざまなサービスを導入しています。なかには、少額でも即日融資ができる銀行系カードローンもあります。いろんな銀行系カードローンを比較しながら、もっとも審査に通りやすいところを見つけ、申し込みをすると素早い対応が期待できるでしょう。

少しでも審査に通りやすくするためには、1.借入金額を減らす、2.1か月で3社以上の申し込みはしない、3.利用限度額にこだわらない、4.返済計画をしっかり立てる(最低3か月は延滞や滞納がない)、5.利用履歴を作りホワイトにしない、6.勤務年数を増やす、7.書類をきちんと記入する、などが挙げられます。どんなに利用条件をクリアしていても、書類の書き方に間違いがある場合や、利用履歴のないスーパーホワイトの方は審査に落ちやすくなるといわれています。1つでも当てはまる人は、クリアしてから申し込みをすると審査に通りやすくなるでしょう。万が一落ちてしまった場合は、落ちてしまった理由を理解し、次回の審査に活かすことで通りやすくなります。また、審査に通りやすいカードローンを選ぶのもポイントです。ひと口に銀行系カードローンといってもいろんな種類がありますから、諦めずに次の審査に申し込みましょう。