Contents Menu

銀行系と消費者金融系の違い

金融機関にはいろんなタイプがあります。そのなかで、銀行系カードローンと消費者金融について考えてみましょう。銀行系カードローンと消費者金融の違いは、ズバリ『総量規制対象外』『専業主婦の借り入れ』『利用限度額』『審査基準』などが挙げられます。

まず総量規制対象外ですが、銀行系カードローンと消費者金融のもっとも大きな違いといえます。総量規制とは、2010年6月に導入された新しい貸金業法で、年収の1/3を超える金額の借り入れはできないという制限です。この総量規制が、銀行系カードローンの場合対象外になります。要するに、年収1/3を超える金額でも借り入れできるというわけです。一方で消費者金融は、総量規制対象になります。そのため、たとえば年収が300万円あったとしましょう。消費者金融は総量規制がありますから、100万円以上の借り入れができなくなってしまいます。そもそも、銀行は総量規制とは無関係といわれています。そのため、銀行の傘下にある銀行系でも総量規制対象外で対応してくれるというわけです。

次に専業主婦の借り入れについてです。銀行系カードローンの場合、専業主婦でも借り入れが可能なところがほとんど。これには驚きですが、専業主婦でも借り入れができるのは、先にも述べた『総量規制対象外』が関係しています。そのため、専業主婦でも配偶者に安定継続した収入があれば、借り入れができるというわけです。消費者金融の場合、一見すると専業主婦でも借りられそうなイメージがありますが、総量規制対象になるため、借り入れNGになってしまいます。逆にパートやアルバイトの場合、銀行系でも消費者金融でも借り入れOKのところは多いでしょう。

利用限度額はどうでしょうか?銀行系と消費者金融で比較すると、銀行系のほうが限度額だけでなく金利も優れていることが多いといわれています。銀行系は、銀行の傘下にあるため資本力があるからです。ただ金利に関しては、それほど大差はありません。銀行系の場合、平均3~15%程度。消費者金融の場合、平均4~18%程度。それでも消費者金融のほうが金利は高く設定されています。

審査基準は、銀行系カードローンのほうが高く設定されていると聞きますが、どうでしょうか?結論からいいますと、そのとおりです。銀行系の審査基準が高いのは、メリットが多く信頼度が高いからです。銀行の傘下ということも大きく関係しています。もちろん、消費者金融だからといって信頼度が低いわけではありません。しかし、銀行系と消費者金融では、やはり銀行系のほうが安心して借り入れしやすく、利便性も優れているといえるでしょう。