Contents Menu

カードローンの種類について

カードローンには、銀行系カードローン以外にもいくつか種類があるのは知っていますか?銀行系カードローンを利用する前に、どんなカードローンがあるか知っておくと、より自分に合ったカードローンを選ぶことができるでしょう。

カードローンには、大きく8つの種類があるといわれています。主流になっているのは『銀行カードローン』や『地方銀行カードローン』、そして『消費者金融カードローン』です。その他にも、『流通系銀行カードローン』や『信販会社カードローン』など。近年は『ネット銀行カードローン』の利用者も増えています。このなかで、銀行系カードローンは消費者金融カードローンになります。そして、消費者金融カードローンには銀行系だけでなく、非銀行系も含まれます。

これだけ種類があると、頭がこんがらがってしまいます。でも、基本となる銀行・銀行系・非銀行系のカードローンさえ覚えていれば問題ないでしょう。

銀行カードローンは、都市銀行が提供しているカードローンのことで、幅広い世代に人気があります。なかでも、メガバンクと呼ばれる銀行のカードローンは利用者も多く、さまざまなサービスを受けることができます。はじめてカードローンを利用する方でも、安心できるのではないでしょうか。銀行系は、そんな銀行の傘下にある金融機関のカードローンです。銀行傘下にあるため総量規制対象外になり、パートやアルバイト、専業主婦でも借りられるのが特徴です。なかでも大手メガバンク系の銀行系カードローンは人気があり、利用者も多いといわれています。近年は即日融資ができる銀行系カードローンも増えていますから、急ぎの方でも安心です。一方で非銀行系カードローンは、消費者金融が提供しているカードローンになります。そのため、審査基準も低く、即日融資を受けやすいのが特徴です。またインターネットに強いため、ネット申し込みもラクラク。最短30分で結果を知らせてくれるところが多いでしょう。しかし、非銀行系カードローンの場合、総量規制対象になるため、年収1/3以上の借り入れはできなくなってしまいます。

利便性で考えると、断然銀行系カードローンでしょう。銀行よりも利用しやすく、消費者金融よりも高額借入しやすいためです。もちろん、すべてのカードローンにメリットはあります。しかし、利便性で考えると銀行系カードローンになるのではないでしょうか。

一般的に多く使われているカードローンは銀行・銀行系・非銀行系ですが、目的に合わせて選びましょう。