Contents Menu

どんな人が銀行系カードローンの利用に向いている?

銀行系カードローンには、向いている人とそうでない人がいます。せっかく銀行系カードローンを利用しても、向いていなければ意味がありません。では、一体どんな人が銀行系カードローンに向いているのでしょうか?

それはズバリ、『利便性』『安心さ』でカードローンを選びたい方です。銀行系カードローンのメリットといえば、何といっても利便性に優れていることです。パートやアルバイト、専業主婦でも借りることができ、総量規制対象外なため年収1/3に関係なく借りることもできます。また、金利も消費者金融に比べると低いため、無理のない借り入れができます。さらに、利用限度額は最大1,000万円までのところが多く、大口の融資を受けたい方にも良いでしょう。利便性の高さは、カードローンを利用する上で重要になります。それをしっかり叶えてくれるのが銀行系カードローンですから、ラクに便利に安心にカードローンを利用したい方にはピッタリです。しかし一方で『審査が厳しい』というマイナス面もあります。

銀行系カードローンが不向きの人は、『簡単にお金を借りたい』人でしょう。銀行系カードローンは、利便性が高い反面、前述のとおり審査が厳しいという欠点があります。そのため、なかなか簡単にお金が借りられない場合があります。審査に通ればとても利用しやすいカードローンですが、『すぐに簡単にお金を借りたい』という人にとっては、どうしても銀行系カードローンはデメリットになってしまいます。しかし、近年は即日融資ができる銀行系カードローンも増えています。そのため、『すぐにお金を借りたい』という方は、可能になる場合があります。ただやはり、『簡単にお金を借りたい』という方には、銀行系カードローンは合わないと感じるかもしれません。

さて、銀行系カードローンに向いている人の話に戻りますが、銀行系の場合、利用限度額が高く設定されています。そのため、『大口融資を受けたい』方にもピッタリです。銀行系カードローンでは、個人向けで最大1,000万円としているところが多く、高額融資には適しています。もちろんはじめての利用でいきなり大口融資を受けることはできませんが、今後高額を借りたいと考えている方は、銀行系カードローンは向いているといえます。

とはいえ、ひと口に銀行系カードローンといってもさまざまです。複数の銀行系カードローンを比較しながら、自分に合った金融機関を選びましょう。