Contents Menu

銀行系カードローンの気になる金利について

金融機関からお金を借りるときに気になるのが『金利』です。金利は、金融機関によって設定が異なり、カードローンの種類によっても差があるでしょう。銀行系カードローンの場合、『金利が低い』といわれています。そのため、金利の低さは銀行系カードローンの特徴にもなっています。

たとえばA社の場合、金利は4.5%~17.8%。B社の場合3.0%~18.0%になります。平均3.0%~15.0%が銀行系カードローンの金利になりますので、消費者金融に比べると低く設定されているのが分かります。また、銀行系カードローンの金利は、利用限度額によっても変動します。そして、利用限度額が増えるほど、もっとも低い金利が設定されることになります。B社の金利で考えると、1万円~99万円までは金利が7.7%~18.0%になるのに対し、501万円~800万円の利用限度額になると3.0%~4.7%が設定されます。ちなみに、ここの金融機関は最大800万円まで借りることができます。

このように、銀行系カードローンは低い金利が設定されている上に、高額借入をするほど金利が低くなる仕組みになっています。そのため、大口融資を検討している方には有り難いカードローンといえるでしょう。

金利は、大口融資や長期返済の際に、とても影響します。金利が高いところはどうしても返済難に陥りやすく、過払い金も発生しやすいというデメリットがありますが、低金利の場合高額や長期ほど金利がお得になるため、返済難に陥る心配も少なく、過払い金も発生しにくいでしょう。ただ、先にも述べたように金利設定は金融機関によって異なります。また、低金利であるものの、極端に金利が低いというわけではありません。そのため、『金利が低い』という理由だけで利用してしまうと、どんなに低金利でも返済難に陥ってしまいます。銀行系カードローンでも、ご利用は計画的にしましょう。また銀行系カードローンでも過払い金が発生する場合もありますので、申し込み前にしっかり計画を立てておきましょう。

いろんな銀行系カードローンがあるからこそ、『自分に合ったカードローン』を選ぶことが大切です。いくつかの銀行系カードローンを比較しながら、条件に合ったカードローンを選びましょう。銀行系カードローンの各サービスを賢く利用するのもポイントです。金利引下げがある金融機関なら、同行のローンに加入することでさらに金利が低くなるというメリットがあります。