Contents Menu

銀行系カードローンの申し込み時に必要になる書類

銀行系カードローンの申し込みには、本人確認ができる書類などいくつかの書類が必要になります。万が一ひとつでも書類が足りなかった場合、本契約できない場合がありますので、契約する前に必要書類をしっかり確認しておきましょう。

本人確認ができる書類は、運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票などが挙げられます。できれば写真付きのほうが好ましいといわれており、運転免許証やパスポートは有利になります。基本的に、本人確認書類を持参すれば契約できますが、利用限度額や他社から借り入れがある場合などは、他にも書類が必要になります。たとえば、50万円以上借りたい場合は所得証明書や源泉撤収票、納税証明書、確定申告書の何れかを用意しなければいけません。しかし、銀行系カードローンの中には『300万円以下の借り入れなら所得証明書不要』としているところもあるため、あくまで必要な場合のみ用意する形になります。他社から借り入れがあり、合わせて100万円以上の借り入れになる場合も所得証明書が必要になります。もちろん、先にも述べたとおり300万円以下の借り入れの場合、所得証明書が不要になる場合もあるでしょう。

また、専業主婦で銀行系カードローンを利用する場合も、本人確認書類以外に別途配偶者の所得証明書が必要になります。銀行系カードローンは、パートやアルバイト、専業主婦の借り入れをOKしているところが多い代わりに、本人確認書類以外の書類も必要になるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

申し込みは、インターネット・郵送・電話・自動契約機・窓口にて行います。ネット申し込み可能の銀行系カードローンなら、WEB完結型も多く、メールまたは郵送で簡単に契約を完了できます。しかし、一般的に本契約する場合窓口まで足を運ぶことになりますので、必要な書類を忘れないようにしましょう。また契約書には正しい字で間違いのないように記入してください。少しでも間違いがあると、契約できない場合があるからです。また、ウソの内容もNGです。

カードローンですから、契約が終わるとカードが発行されます。カードを受け取ってようやく融資を受けることができるようになります。店頭で受け取る場合は本人確認書類を、郵送の場合はカードとともに契約書類が届きます。WEB完結型の場合は、本人確認書類をスキャンし、画像ファイルをメールに添付またはアップロードすると郵送でカードが届きます。