Contents Menu

審査で有利になる勤務先がある?

銀行系カードローンは、審査のときに有利になる勤務先があるのは知っていますか?カードローンは、申し込みの際に必ず勤務先を記入しなければいけません。もちろん、カードローン以外を利用する場合でも同様です。勤務先を記入することで『安定継続した収入があるか否か』判断できますし、信頼度もアップします。また、一般的に無職への貸し付けは行っていませんから、勤務先の記入は必要不可欠です。

そんな銀行系カードローンですが、『有利になる勤務先』とは一体どこなのでしょうか?勤務先として挙げられるのは、『公務員』『大企業』『中小企業』『自営業』です。このなかでもっとも有利になるのは、公務員や大企業になります。収入が安定しており、高い収入を得られることから、貸し付けをしても『きちんと返済してもらえる』と判断されるからです。公務員や大企業に勤めている方でも、大きな買い物で銀行系カードローンを利用される方は少なくありません。でも、審査で有利になるため通りやすいでしょう。

となると、『小さな会社だと審査に落ちてしまう?』と不安になってしまいます。安心してください。たとえ小さな会社に勤めていても、安定継続した収入があれば審査に通ります。あくまで『審査で有利になる』というだけですから、きちんと収入があれば審査には問題なく通るでしょう。もちろん、勤務先だけが審査に響くわけではありません。あくまで審査の一部ですが、それでも勤務先の有無も審査に関係するので、銀行系カードローンの利用を検討中の方は、『きちんと働いている』ことが条件になります。

ちなみに、銀行系カードローンの場合、パートやアルバイト、専業主婦でも利用できるといわれています。パートやアルバイトなら安定継続した収入があるため、審査に通るのも理解できますが、専業主婦の場合収入がありません。それでも利用できるのはなぜなのでしょうか?理由は、『配偶者の収入』にあります。配偶者に安定継続した収入があれば専業主婦でも申し込みできますし、審査にも通ります。配偶者が公務員や大企業に勤めていれば、なおさら審査に通りやすくなるでしょう。

審査に通らない人のほとんどは、『勤続年数が少ない』『安定収入がない』『他社借り入れがある』『信用情報にキズがある』などが挙げられます。確かに有利になる勤務先はありますが、これらに当てはまらないのであれば、比較的審査には通りやすくなるでしょう。銀行系カードローンに申し込む前に、一度自身の情報を確認してみてください。