Contents Menu

本審査で落ちないためには

銀行系カードローンには、『本審査』と『仮審査』があります。2段階の審査で、『本当に信用できるか』をチェックします。でも、この本審査と仮審査は一体どんな審査なのでしょうか?

まず、本審査の前に仮審査が行われます。仮審査では、本審査のようなきちんとした審査を行うことはほとんどなく、どちらかというと表面的に審査されることが多いでしょう。だからといって、無職の人を仮審査に通すということはしません。本審査のためのシミュレーションと考えると分かりやすいかもしれません。本審査ではありませんから、仮審査で通過してもお金を借りることはできませんので気をつけてください。

仮審査の特徴は、年齢・勤続年数・年収などから融資可能かチェックする、審査時間がスピーディーなどが挙げられます。機械的な審査になりますので、年齢や勤続年数などに問題がなければ、無職でない限り通過しやすいといわれています。しかし仮審査でも落ちてしまう場合があり、『申し込み年齢に達していない』『収入が少ない』『勤続年数が少ない』といった方は落ちる確率が高くなるので気をつけてください。他社からの借り入れが多い方も、仮審査で落ちやすいでしょう。表面的な審査とはいえ、『誰でも簡単に通過できる』わけではありませんので注意してください。

仮審査に通ると、本審査が行われます。仮審査で通過している方は、基本的に本審査でも通りやすいですが、万が一虚偽の申告があった場合、たとえ仮審査に通っていても落ちてしまうことがあります。

本審査の特徴は、『人間による審査』『細かいところまでチェック』『審査基準は金融機関によって違う』『貸出条件を決める』などです。人の手によって審査が行われますから、仮審査より時間はかかります。しかし、お金の貸し借りになりますので仕方がありません。ただ審査基準が金融機関によって違うため、通るための判断が難しいでしょう。銀行系カードローンの場合、特に審査基準が高いといわれていますから、理解したうえで申し込みましょう。

このように、本審査に通るためには仮審査に通ることが条件になり、よほどのことがない限り、仮審査に通ると本審査で落ちるという心配はありません。そのためには、正しい内容で申し込みをし、虚偽がないようにしなければいけません。また虚偽がなくても、在籍確認の連絡に出なかった場合、無効になるので気をつけましょう。審査の基準をおさえて、偽りのない申告をすれば、よほどのことがない限り本審査に通る可能性は高くなるでしょう。