Contents Menu

専業主婦でも利用できる理由と注意点

銀行系カードローンといえば、なんといっても『専業主婦でも借り入れができる』という点が特徴でしょう。一般的に、収入のない専業主婦は金融機関での借り入れが不可能です。それにもかかわらず銀行系カードローンが利用できるのは、『配偶者の収入』『総量規制対象外』が大きく関係しています。自身に収入がなくても、配偶者に安定継続した収入があれば専業主婦でも十分お金を借りることができます。そして銀行系カードローンは総量規制対象外ですから、収入のない専業主婦でも前述のように配偶者に収入があれば問題なく借りられるのです。また、近年は専業主婦のための銀行系カードローンも増えています。専業主婦の条件に見合ったカードローンを提供しているので、無理なく安心してお金を借りることができるでしょう。

でもなぜ、ひと昔前よりも専業主婦専用のカードローンが増え、専業主婦でも気兼ねなくお金を借りられるようになったのでしょうか?それはやはり、『家計を助けるため』『自分の自由なお金が欲しい』という主婦が増えたからでしょう。専業主婦は、夫の収入だけで生計を立てています。そのため、ときに家計が厳しくなることもあるでしょう。近年は働きに出ている主婦が増えているといいますが、それでもまだまだ専業主婦は存在します。そんな専業主婦でも、自由にお金を借りたいと思っています。そこで、専業主婦専用のカードローンや専業主婦でも借り入れができる銀行系カードローンが増えたというわけです。ひと昔前よりも借り入れしやすくなったことで、専業主婦の銀行カードローン利用者も増加傾向にあるといいます。

ただ、専業主婦で銀行系カードローンを利用する場合、注意が必要です。それは、『自身の収入がないため、しっかり計画を立てて借り入れ・返済する』こと。また、『夫の同意』がなければ利用できないということです。夫の収入範囲でお金を借りるため、無計画な借り入れは非常に危険です。そうでなくてもカードローンの利用にはさまざまなリスクがありますから、計画なしの利用は絶対避けなければいけません。自身に収入がなければなおさらでしょう。ですから、専業主婦で銀行系カードローンを利用しようと考えている方は、きちんと夫に相談し、合意のうえで計画を立ててから申し込むようにしてください。お金を借りるということは返済しなければいけませんから、返済計画も必要不可欠です。なかには、夫に相談できず、泥沼にはまり信用情報にキズがついてしまった専業主婦の方もいます。そうならないためにも、『ご利用は計画的に』を忘れないようにしましょう。