Contents Menu

審査に通っても在籍確認ができないとどうなる?

銀行系カードローンの審査に通ると、『在籍確認』で自宅または勤務先に連絡が届きます。在籍確認とは、申し込み時に記載した勤務先に、申込者が本当に今現在も勤めているかというのを確認することです。ここで問題がなければ、本契約となりカードローンを利用できるようになります。では、在籍確認ができなかった場合、どうなるのでしょうか?

残念ながら、契約は無効となり融資を受けられなくなります。ただ、ひと口に在籍確認ができなかったといってもさまざまです。なかには在籍確認なしで利用できる銀行系カードローンもありますから、必ずしも在籍確認ができなかったからといってすべてのカードローンが無効になるわけではありません。それでも、『電話をかけた職場の人が申込者を知らなかった』『申込者を知っているけれど、在籍確認を不審に感じた』などの場合、たとえ審査に通っても本契約できなくなる可能性がありますので注意しましょう。

まず、在籍確認で電話をした申込者の勤務先の人が、申込者を知らなかった場合です。こういったケースは非常に多く、特に大きい会社の場合、働いている人数も多いですから、『申込者を知らない』ということがあっても仕方がありません。調べてくれる場合もありますが、すべての会社がきちんと対応してくれるわけではありません。この場合、残念ながら『在籍確認ができなかった』という理由で本契約に進めなくなってしまいます。『職場の人が電話を不審に感じた』場合はどうでしょうか?この場合も、やはり本契約できないことが多いといわれています。

せっかく審査に通っても、在籍確認ができなければ意味がありません。意外にもこういったケースは多いですから、事前に働いている会社に在籍確認の電話がかかってくることを相談しておく必要があります。とはいえ、『できれば誰にも知られたくない』という方も多いでしょう。ですから、自分が電話に出られる日時を指定しておくと安心です。在籍確認の電話は、完全に時間指定できるわけではありませんが、要望を伝えておけば配慮してくれるところがほとんどです。さほど細かい指定がない限り、対応してくれるでしょう。

どうしても在籍確認を回避したいという方は、先にも述べたように『電話での在籍確認がない銀行系カードローン』を利用するのもひとつの手段です。なかには、電話ではなく書類で在籍確認を行うところがあります。書類なら、提出するだけで在籍確認ができたことになりますから、わざわざ電話を待つ必要も、『いつかかってくる?』と心配する必要もありません。