Contents Menu

少額融資は審査に通りやすいってホント?

銀行系カードローンを利用する人が、すべて高額融資を希望しているわけではありません。なかには、少額融資を希望している方もいるでしょう。そのため、『銀行系カードローンで少額の融資は可能か?』と疑問に思っている方も少なくないのでは?

結論からいいますと、銀行系カードローンでも少額融資は可能です。むしろ少額融資のほうが審査に通りやすいといわれています。一般的に、金融機関の少額融資は10万円。なかには1万円、5万円から借りられるところもありますが、ほとんどの場合10万円からが少額融資になります。10万円を限度額にすると、増減も可能になることがあり、少しずつお金を借りたいという方にはピッタリでしょう。また学生やパート、アルバイトの方であれば、少額融資のほうが安心です。10万円なら返済もしやすいですし、返済計画も立てやすく返済難に陥る心配も軽減できます。

とはいえ、ひと口に少額融資といってもさまざまです。なかには、30万円を最小限度額としているところもありますから、少額融資が可能な銀行系カードローンを比較しながら、自分に合った場所を見つけましょう。

ちなみに、少額融資は審査に通りやすいというメリットがある反面、『あまり信用されない金額』ともいわれています。少額融資ですから、よほどのことがない限りほとんどの方が審査に通りますが、きちんと返済されるまで業者が様子見をしている状態です。『借りる金額が少ないから信用されるだろう』というわけではありませんので、気をつけてください。それでも、返済日までにきちんと返済していれば先にも述べたように増額も十分可能です。

もう1つ注意点があります。それは、少額融資を専門とした金融機関です。たとえば、中小業者の『女性専用』や『学生専用』といった専門カードローンは、少額融資をメインにしていることが多く、『10万円だけ借りたい』という方には有り難いでしょう。しかし、こういった少額専用のカードローンは、『高金利』のところが多いため利用の際は注意が必要になります。法定金利ギリギリの金利を設定しているところも多いですから、『少額融資専門』や『小口融資専門』という言葉には惑われないようにしてください。少額融資を希望している方は、一般的な銀行系カードローンで、少額融資ができるところを選んだほうが安心です。銀行系カードローンなら取り扱い状況に応じて金利が決まり、全体的に低金利で提供しています。