Contents Menu

パート・アルバイトの利用限度額とは?

パート・アルバイトは、会社員に比べると銀行系カードローンの利用限度額が低く設定されています。銀行系カードローンの利用限度額は金融機関によって異なりますが、最大800万円~1,000万円としているところが多いのが特徴です。そのため、『高額融資を受けたい』という方には有り難いでしょう。しかし、申込者がパート・アルバイトになると話は変わります。

カードローンは、年収によって利用限度額が決まります。これは銀行系カードローンも同様です。どんなに安定継続した収入があっても、パート・アルバイトのように年収が少ないと、どうしても高額融資を受けるのは難しくなってしまいます。利用限度額は、誰でも最大金額まで借りられるわけではありません。そこをきちんと理解しておかないと、『最大1,000万円までとあったのになぜ希望通りの融資を受けられないんだ!』と納得できなくなってしまいます。『年収で利用限度額が決まる』と理解しておけば、パート・アルバイトの利用限度額が低くても納得できるでしょう。また、はじめて銀行系カードローンを利用される方も、最初の利用限度額は低く設定されていますので、お間違えのないようにしてください。その後の増減は、利用状況によって変わります。

パート・アルバイトの利用限度額は正社員に比べると低く設定されていることが分かったと思いますが、その金額はどれくらいになるのでしょうか?金融機関によって設定金額は異なりますが、最大50万円としているところが多いでしょう。また最少10万円からのところも多いため、少額融資も可能です。

銀行系カードローンといえば、パート・アルバイトだけでなく専業主婦や年金受給者でも利用できるという凄みがありますが、専業主婦の場合、自身の収入がないため『なぜ利用できるの?』と疑問に感じている方も少なくないでしょう。専業主婦で銀行系カードローンを利用する場合、『配偶者の年収』『配偶者の安定継続した収入』が重要になります。それを証明することができれば、専業主婦でも十分カードローンを利用することができます。

パート・アルバイトで『300万円以上借りたい』という方にとっては不満に思うかもしれませんが、パート・アルバイトで借り入れができるのは銀行系カードローンだからこそです。銀行系カードローンは総量規制対象外になりますから、利用限度額が低くてもパート・アルバイト・専業主婦・年金受給者でもお金を借りることができるのです。