Contents Menu

カードローンの利用が突然止まる?

現在利用している銀行系カードローンが、突然停止した…という経験はありませんか?一体何が原因で利用が停止してしまうのでしょうか?

各銀行系カードローンの会員規約などを見ても、どのような理由で停止してしまうのか記載されていません。そのため、突然カードローンが使えなくなったことに焦っている方も少なくないでしょう。利用停止になる理由は、『複数の要因によって起こる』といわれています。その要因は、大きく分けて3つです。

1つ目は、貸金業法によって利用停止が義務づけられている場合です。分かりやすいのが、年収1/3以上を借り入れした場合の制限ですが、銀行系カードローンでは総量規制対象外になりますから、たとえ年収1/3を超える借り入れでも難なく借りることができます。よって、銀行系カードローンの場合は貸金業法による利用停止とは考えられないでしょう。2つ目は、延滞による取引停止です。これは銀行系カードローンに限らず、どの金融機関でもNGになります。延滞を繰り返しているとブラック入りになる恐れもありますので注意しましょう。3つ目は、勤務先を退職した場合や、年収の減額などによる利用停止です。勤務先を退職したということは、安定継続した収入がないということになります。総量規制対象外で年収に関係なく借り入れができる銀行系カードローンでも、収入がゼロになると強制的に利用停止になりますので気をつけましょう。年収の減額による利用停止は、銀行系カードローンの場合関係ありません。これら3つのうち、1つでも当てはまる場合はカードローンが突然利用停止になるかもしれません。

もちろん、突然利用できなくなるのはこれらだけが原因になるわけではありません。これまで順調に利用できていても、増額申し込みをしたとたん、利用できなくなるケースもあります。特に複数のカードローンを利用している場合、増額をすることで利用停止になる場合がありますので注意しましょう。たとえば、A社で契約し、数か月後にB社で契約したとしましょう。その後、A社で増額申し込みをした場合、増額希望額とA社B社で借り入れしている合計金額が利用限度額を超えていると借り入れができなくなってしまいます。銀行系カードローンは総量規制対象外で年収1/3以上でも借り入れできますが、借り入れできる金額は年収によって差があります。増額でその利用限度額を超えてしまっていた場合は、残念ながらカードローンが突然利用停止になってしまうこともあるでしょう。