Contents Menu

銀行系カードローンと悪徳業者について

銀行系カードローンといっても、いろんな金融機関があります。必ずしも、すべての金融機関が優良というわけではありません。なかには、不当に高金利で貸し出しを行っている金融機関も存在します。

一般的に、銀行系カードローンの上限金利は金額に応じて設定されています。最低金利は4.0%~のところが多いですが、なかにはそれ以下のところもあります。上限金利は14.5%程度としているところが多いでしょう。しかし、悪徳な金融機関の場合、それ以上の金利設定にしているところが多いといわれています。そのうえ『借入れしやすい』というメリットがありますから、お金に困ってしまったときにどうしても手が伸びてしまうのです。『甘い罠』を仕掛けてくるのが、悪徳の金融業者です。安心・安全に銀行系カードローンを利用するためにも、そういった罠には安易に引っかからないようにしなければいけません。

では、悪徳の金融機関に引っかからないためには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?『すぐに借りられる』『時間帯に関係なく借りられる』など、簡単に借り入れができるところは注意が必要です。また、『審査が極端に緩い』というところも注意しなければいけません。どうしてもお金が必要なとき、つい甘い罠に引っかかってしまいます。悪徳の金融機関は、人の弱みにつけ込むのが上手く、他社とは比べものにならないくらい、簡単にお金を借りることができます。でも、よく見てみると『利息が異常に高い』『収入が不安定なのに借りられる』など、疑問な点がたくさん出てきます。なかには滅茶苦茶な条件を突き付けてくるところもありますから、うっかり騙されてしまわないためにも、優良の銀行系カードローンを選びしっかり計画を立てて利用するようにしましょう。

オススメは、大手の金融機関です。全国展開しているところであれば安心して利用できます。もちろん、大手の金融機関だからすべて良いとは言い切れません。それでも、無名の金融機関や中小業者に比べると安心して利用できるでしょう。また、申し込みをする前に、細かいところまでしっかりチェックすることも大切です。最近では、借り入れや返済シミュレーションの無料ツールを設置している金融機関も増えています。どれだけ借り、毎月どれだけ返済していくのか。きちんと計画を立てることで、悪徳の金融機関に騙される心配は軽減できるでしょう。1社だけでなく、複数社比較しながら決めるのもポイントです。